バンコク旅行に持っていくなら「歩くバンコク」がおすすめです。

3日目: ワットプラマハタート(Wat Phra Mahathat)


10:40
電車でアユタヤ駅まで来て、レンタサイクルでまずはワットプラマハータート(Wat Phra Mahathat)までやってきます。
入場料は50バーツ。

WAT MAHA THAT

ワットプラマハータート 料金


青空の下、遺跡を見学です。

ワットプラマハータート 見学

Wat Phra Mahathat


ガイドブックなどでよく見る木の根の間の仏像。

タイミングが悪ければ、ツアーの観光客がたくさんいて写真を撮るのも一苦労。
ですが、ツアー客なのですぐ移動します。

混んでいたら、少し時間をずらしてまた来るのもひとつの手だと思います。

それからこの仏像、もし一緒に写真を撮るのであれば、立って撮ってはいけません。
近くに係員がいて、立って撮ろうとすると、座るように声をかけられます。

ワットプラマハータート 木の根の間の仏


ぐるっとワットプラマハタートを25分ほど見学します。

ワットプラマハータート 遺跡

Wat Phra Mahathat 見学


11:04
次は、ワットプラシーサンペット(Wat Phra Si Sanphet)に向けて出発です。
道路も整備されていて、木陰もあり、サイクリングに最適です。

ワットプラマハータートからワットプラシーサンペット


アユタヤ駅近くのレンタサイクルで借りた自転車です。
古いモデルの自転車だと10バーツ安いのですが、写真のように古さはなく、まったく問題ありません。

Ayutthaya 自転車


11:16
しばらく自転車で走っていると、象の一群が。
観光客を乗せて、歩道を歩いています。

象の背に乗って古都アユタヤを巡るエレファントトレッキング
サムローという人力車に乗るか、このエレファントトレッキングに乗るのが人気のようです。

アユタヤ エレファントトレッキング

Ayutthaya elephant


観光客を乗せながら、マイペースにこんな道草をしている象も。
象自身の意思なのか、ガイドの演出なのかはわかりませんが、ほのぼのしていて時間がゆっくりと流れている気がします。

象の道草


そして、ワットプラシーサンペット(Wat Phra Si Sanphet)、アユタヤでのランチ、サイトンリバー(Sai-Thong River)へ向かいます。


今回宿泊したホテル (すべてagodaから予約しました)

アデルフィスイーツ(Adelphi Suites Hotel)
     トリップアドバイザー | agoda | エクスペディア
チャトリウムスイート(Chatrium Suites Bangkok)
     トリップアドバイザー | agoda | エクスペディア
セントジェームスホテル(St. James Hotel)
     トリップアドバイザー | agoda | Hotel Club | オクトパス | エクスペディア

タイバンコク旅行記 スポンサー


タイ旅行準備編 [01]
タイ旅行1日目  [02] [03] [04] [05] [06] [07] [08]
タイ旅行2日目  [09] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19]
タイ旅行3日目  [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32]
タイ旅行4日目  [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43]
タイ旅行5日目  [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] 


ブックマーク
タイ旅行スポンサー
タイ旅行人気ブログランキング
人気のブログであなたが探しているタイ旅行の情報が見つかるかも。
にほんブログ村 > タイ旅行
ブログランキング > 海外旅行
blogram
タイのホテル検索する