バンコク旅行に持っていくなら「歩くバンコク」がおすすめです。

3日目: アユタヤ -> [列車] -> バンコク (フアランポーン)


16:29
バンコク行きの電車を待っている間に、アユタヤ駅に到着してすぐに買ったミネラルウォーターを飲み干してしまいました。

また同じ駅ホームの売店に同じ水を買いに行くと、今度は10バーツ。
さっき買ったときは15バーツでしたので、5バーツぼられていたことになります。

アユタヤ駅 売店


16:41
時刻表の予定時間から遅れること約35分、やっとバンコク行きの列車がやってきました。

バンコク行き@アユタヤ駅

今朝バンコクからアユタヤに来たときの混雑をイメージしていたのですが、車内は思っていたより空いています。
座席に座ると、アユタヤでのサイクリングのせいでしょうか、疲れがどっと出てきた気がします。

アユタヤ駅 車内

列車の車窓からも遺跡が見えます。

アユタヤ 列車からの車窓


17:38
アユタヤを出発して約1時間、ドンムアン駅(Donmuang Railwaystation)を通過します。

ドンムアン駅


18:25
バンコクに近くなってきたのでしょうか、列車は速度を落としてゆっくり走ります。
もう車窓の外は暗くなっています。
そしてアユタヤから約1時間40分、バンコク、ファランポーン駅に到着です。

ファランポーン駅

時刻表通りであれば、18時ちょうどに着く予定でしたが、約25分の遅れです。
アユタヤを出発したときはもっと遅くなるかと思いましたが、アユタヤとバンコク間は順調に進んでいたようです。

今回のアユタヤ日帰り観光では、行きも帰りも列車を利用しましたが、例えば、行きは列車、帰りはバス、なんていう組み合わせもありかもしれません。


18:32
さて、今日の夕食は、タイスキと決めています。
タイムズスクウェア(Times Square)にあるコカ(Coca)に向かいます。

地下鉄のフアランポーン駅(Hua Lmphong)に行き、切符を買います。
券売機の操作も、行き先の駅を選ぶだけですので、簡単で感覚的にわかりやすいです。

地下鉄 券売機

スクムウィット駅(Sukhumvit)まで27バーツ。

フアランポーン駅 スクムウィット駅 料金


きれいなファランポーンの地下鉄の駅で電車が来るのを待ちますが、すぐにやってきます。
すでにバンコクの電車には何度か乗っていますが、立っている人がみんな進行方向を向いているのが不思議です。

今日のアユタヤでのランチも大満足でしたが、これから向かう夕食のタイスキも楽しみです。


今回宿泊したホテル (すべてagodaから予約しました)

アデルフィスイーツ(Adelphi Suites Hotel)
     トリップアドバイザー | agoda | エクスペディア
チャトリウムスイート(Chatrium Suites Bangkok)
     トリップアドバイザー | agoda | エクスペディア
セントジェームスホテル(St. James Hotel)
     トリップアドバイザー | agoda | Hotel Club | オクトパス | エクスペディア

タイバンコク旅行記 スポンサー


タイ旅行準備編 [01]
タイ旅行1日目  [02] [03] [04] [05] [06] [07] [08]
タイ旅行2日目  [09] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19]
タイ旅行3日目  [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32]
タイ旅行4日目  [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43]
タイ旅行5日目  [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] 


ブックマーク
タイ旅行スポンサー
タイ旅行人気ブログランキング
人気のブログであなたが探しているタイ旅行の情報が見つかるかも。
にほんブログ村 > タイ旅行
ブログランキング > 海外旅行
blogram
タイのホテル検索する