バンコク旅行に持っていくなら「歩くバンコク」がおすすめです。

4日目: 和盛豊(Hua Seng Hong) -> フアランポーン -> チャトリウムスイート


19:40
バンコクのチャイナタウンにあるレストラン、「和盛豊(フアセンホン/Hua Seng Hong)」でフカヒレを堪能して、ホテルに向かいます。
来るときはチャオプラヤー川をエクスプレスボートに乗って、ラーチャウォン(Ratchawongse)の船乗場から歩きましたが、帰りは地下鉄(MRT)に乗ることにします。

向かうのはフアランポーン駅(Hua Lamphong)。
ヤワラート通り(Yaowarat Rd.)を歩いていると、和盛豊と同じようなフカヒレのお店もあります。
ティーアンドケーシーフード(T&K Sea Food)やチャイナタウンスカラシャークフィン(China Town Scala Shark Fins)でしょうか。

歩道上に出されたテーブルで食べているお客さんも多いです。

調理をしている店員さんも。

バンコク画像:ヤワラ通り

ヤワラート通りを曲がると、喧騒も無くなり静かな通りを歩いていきます。
仏具を置いているお店もあるのですが、通りが暗く、早歩きで駅の方向へ向かいます。


19:58
フアセンホンのお店を出て徒歩15分位、運河を渡り、見えてきましたファランポーン駅。
駅をライトアップしている以外は暗い駅前です。

Bangkok画像:フアランポーン駅


20:05
地下鉄MRTフアランポーン駅出発です。
シーロム駅(Si Lom)まで行き、BTSに乗り換えます。18バーツ。


20:13
シーロム駅を出て、BTSのサラデーン駅(Sala Daeng)に向かう途中には、デュシタニバンコク(Dusit Thani Bangkok)が。
さすが良いロケーションにあります。雰囲気も素敵です。
近くにはシーロムコンプレックス(Silom Complex)も。

タイ画像:デュシタニバンコクホテル


20:19
BTSサラデーン駅(Sala Daeng)からサパーンタークシン駅(Saphan Taksin)に向かいます。
そこからチャトリアムスイーツホテルのボートで帰ります。

BTSの料金は25バーツ。

Thai画像:サラディーン


22:34
サパンタクシン駅を降りて、近くにあるロビンソン(Robinson)、トップススーパー(Tops Super)でワインなどお買い物です。
こんな夜遅い時間まで営業しているので、大変便利です。
レストランのMKも入っているようです。

バンコク画像:サパンタクシンのスーパー

Bangkok画像:Tops


20:55
そして本日から宿泊するChatrium Suites Bangkokへのボート乗り場に到着です。
昼にチェックインするときに乗った場所は、ボートが泊まっていて、バーに見立てたフローティングバー(Floating Bar)になっていました。
かなりの大音量で音楽を流しています。

海外旅行記画像:サパンタクシン船乗場

タイ画像:船のBar

マリオットホテル、ペニンシュラホテル、オリエンタルホテルと、短い間に次々とボートがやってきますが、肝心のチャトリアムスイーツのボートがやってきません。

待っていると、なかなか乗ろうとしないのを見かねてか、係員がやってきてどこのホテルかと聞いてきます。
Chatrium Suitesだと答えると、Chatriumのボートは、Floating Barのほうだと言われます。

確かに最初に乗ったときは、こちらからでしたが、Barと化したボートが停留しているのにどこに泊まるのだろう・・・、と思っていたところに、やっとチャトリウムのボート姿が。

そして、なんと、Floating Barのボートに横付けしました!!
急いでFloatingBarのボートを横切り、目的のチャトリアムのボートへ。

他には乗客はいませんでした。
しかし最初に待っていたところで、親切にも声をかけてくれた係員の方に感謝です。そうしなければずっと自分達のホテルのボートがやってこないと、途方にくれていたでしょうから。


21:14
Chatrium Suites Bangkokに到着です。

タイ旅行記画像:Chatrium Hotel Boat

外から見るホテルのロビーもキレイで落ち着いた雰囲気です。

さて、ホテル内のリバーバージ(River Barge)というレストランでは川沿いで食事ができそうなので、明日の夕食の予約を一応しておきます。

それから、部屋では窓の外を眺めながらワインでも飲みたいと思っていたので、フロントで椅子を部屋に持ってきてくれないか頼んでみます。
部屋にあるイスはテーブルの高さにあわせた背の高いものでしたので、ゆっくりくつろげないかもと思ったからです。
もちろん最初から部屋にはイスはあるので、フロントの方には最初はうまく伝わらなかったのですが、なんとか理解してくれたようで了解してくれました。

こういう宿泊客のリクエストに応えてくれるホテルは本当に満足できます。


21:33
そして部屋に戻りしばらく待っていると、イスを持ってきてくれました。

バンコク画像:Chatrium チェア

そして眼下に広がるチャオプラヤー川(Mae Nam Chao Praya)を眺めながら、さっき買ってきた赤ワインを頂きます。Casa Milani Puglia Rosso 2008 というイタリアワインです。

海外画像:Rosso vino

チャオプラヤー川には船が行き交い、時にはこんなライトアップされたボートも。ディナークルーズでしょうか。
時には音楽を流しながら進んでいくボートも。

Thai画像:Mae Nam Chao Praya Night

しばらくするとだんだん船も少なくなり、22時頃からリバークルーズのボートも見なくなりました。
そして赤ワインを飲んでほろ酔いなところで、明日に備えて休むことにします。

明日は早起きして、週末だけオープンするタリンチャン水上マーケットに行き、運河を巡るボートツアーに行きます。もちろんおいしい食事も堪能する予定です。


今回宿泊したホテル (すべてagodaから予約しました)

アデルフィスイーツ(Adelphi Suites Hotel)
     トリップアドバイザー | agoda | エクスペディア
チャトリウムスイート(Chatrium Suites Bangkok)
     トリップアドバイザー | agoda | エクスペディア
セントジェームスホテル(St. James Hotel)
     トリップアドバイザー | agoda | Hotel Club | オクトパス | エクスペディア

タイバンコク旅行記 スポンサー


タイ旅行準備編 [01]
タイ旅行1日目  [02] [03] [04] [05] [06] [07] [08]
タイ旅行2日目  [09] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19]
タイ旅行3日目  [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32]
タイ旅行4日目  [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43]
タイ旅行5日目  [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] 


ブックマーク
タイ旅行スポンサー
タイ旅行人気ブログランキング
人気のブログであなたが探しているタイ旅行の情報が見つかるかも。
にほんブログ村 > タイ旅行
ブログランキング > 海外旅行
blogram
タイのホテル検索する